FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

独り手芸部の記録・改良に改良を重ね目指すのは「脱げない猫服」 #猫 #ソーイング #ミシン #洋裁

猫って肩と腕の形状が犬と絶対的に違うんだけど
どういうことかというと、猫は腕で物を掴めるように
(抱きしめられる)なっているのである。

腕を折りたたむことも出来るし、腕を上げることも出来て
要は肩の可動域が広いわけ。

なので、犬の洋服を着せても
縄抜けする引田天功のように(???)
いとも簡単に洋服を脱いでしまう。

正確には、猫は服を脱ぎたくないのに脱げてしまうわけ。
(↑うちの寒がりきなみちゃんの場合)

犬服を着せても脱げないってお友達もおられるんだけど
そのニャンコちゃんはゴージャスな長毛ニャンコで
きっと毛がストッパーになって脱げないんだと思われる。

で、ワシの友人宅のニャンコちゃんもやっぱり寒がりで
洋服を簡単に受け入れるけど、犬服じゃ簡単に
脱げてしまって使えないと仰っていたんだよね。

それで、きなみちゃんをモデルに脱げない猫服を
作ってみようと、先月の末くらいから猫服の試作を
重ねているんだけど・・・

猫服 にゃんこ服
@其の壱、試作1号2号

猫用の服の型紙を見つけたので作ってみたけど、まず小さ過ぎて
細身のきなみちゃんでも試着さえできなかったのである。

それで、単にサイズアップするだけでは2着目に行く意味が無いので
腕の開きをまん丸じゃなくて涙型に(💧)変更してみたのがこれ↓
きなみちゃん 猫服 にゃんこ服
で、涙型にカットしてみたら・・・



きなみちゃん 猫服 にゃんこ服
肩がぐるっと出るようになったので腕は動きやすくなった(たぶん)。

だけどね、大元の型紙の首元のままだと服がズルズルと
下がっていくんよね。

猫って犬と違って、あんがいと首が長いわけ。

その上、デブネコなら良いんだろうけど細身の子だと
首の部分が無かったなら服がずり下がる。

脱げないようにするために
襟元に首輪を通すとこを作るという方法もあるけど
そうすると着心地はきっと悪くなるだろうし
そんでさらに試作を重ね・・・




きなみちゃん 猫服 にゃんこ服
@其の弐、試作3号

腕の涙開きの部分から首元までの距離が伸びたの分る?。


ハイネック気味に改良したんだけど・・・
(試作品1号より首元が4センチ伸びている)
この生地がさ、テンションが低い生地で(伸び率が少ない)
それで全体的にキツキツなわけ。

だもんで・・・




きなみちゃん 猫服 にゃんこ服
@其の参、試作4号5号

左の縞々のは伸び率の割とあるTシャツに使う生地で・・・
きなみちゃん 猫服 にゃんこ服
きなみちゃんはわりと服に慣れているので、長めの
尻まで届くサイズにしてみた。

きなみちゃん 猫服 にゃんこ服
縄抜け名人のきなみちゃんだけど、どの試作品も脱げないので
そういう意味では進化して行ってるんだと思う。

赤いチロリアンテープで飾ってある服は、猫の爪に
チロリアンテープがどこまで耐えるのか見極める為に付けてみた。

将来的には着せやすいように背中をボタンで留めるような
服にしたいなと~妄想中。

女子高生の制服みたいなチェックのワンピとか、可愛いよね?きっと(爆。





猫服 にゃんこ服

@其の肆 試作6号7号

きなみちゃんのジャストサイズに2センチ足して(全体を2センチ大きくした)
2着作成。右のはストレート気味なラインにして左は下の方を2センチほど
Aライン気味に作った。

寒がりにゃんのいるお友達のとこに送ったので
どっちの方が体にフィットするか見てもらおうと
サイズを変えてみた。
(入らんかったら送り返して、作り直すけんww)




@其の伍

試着品を作る途中途中で「ちーさん、きなみちゃんに試着させるけん
きなみちゃんば捕まえとってー」っと叫んで
(↑きなみちゃんは㋠部屋の窓辺にいる事が多い)
そんで試着させてるんだけど、試作品4号くらいから
「チーさん、きなみちゃんに試着を・・・・・」と言った時点で
きなみちゃんが㋠のいるベッドに乗って来るそうで(ゑゑゑ)
ワシが彼女の部屋に試作品の服を持って現れる頃には
二人は揃ってベッドに座っているのである👀

叫び声で試作品を試着する場面が来るのを理解した模様。

その二匹の姿が面白いので、写真に撮りたいとこなんだけどヾ(≧▽≦)ノ。









きなみちゃん 猫服 にゃんこ服

@其の陸

高齢の短毛のニャンコちゃんなら、洋服を受け入れる子は多いと思う。

きっと年取って寒がってると思うんだよね。

寒がりの子なら着こなせると思うので、試してみてね。

知らない人がご覧になったら、猫を虐待してると思われるかもだけど
服を脱がせたら、服を着せるまで飼い主の目の前から
頑として動かん猫もいるということを一言書いて、これにて終わり。
スポンサーサイト



| 一人手芸部Q州支部活動記録 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/15-b61c67e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT