FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

11月14日長崎にて@其の壱「生温いちゃんぽんとお薦めのホテル」と

http://nekokimadara.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
↑急に長崎に行くことになった経緯は↑に書いたんだけど
14日朝、博多区のホテルに宿泊されていた友人と合流し
友人たちの借りたレンタカーに便乗させていただき長崎へと向かう。

博多の中心部から長崎まで高速で約2時間半である。

「うどんは飲み物」と豪語する友人二人は
途中のパーキングエリアで博多特有の「こしの無いふにゃふにゃうどん」を食べた。
どんな感想が出るのか楽しみだったけど
「今まで一度も体験したことのない麺の感触」って
表現していらして笑いをかみしめる(ヾ(≧▽≦)ノ

で、間食したら昼ご飯は食べられないだろうと思った私は
昼まで何も口にしないまま、お昼のちゃんぽん屋さん↓ へ突撃。

長崎 20181114 四海楼


四海樓なる中華料理屋に入ったんだけど・・・



長崎 20181114 四海楼
麺は長崎特有の超太麺ちゃんぽんで
味はまぁ、想像通り(←Q州人なので何回かは長崎ちゃんぽんを食べたことがある)。

だけど、問題はね、汁が生温いわけ。お白湯より冷えてるかなってくらい
冷たいので、汁の脂っぽさが立ってるわけよね。

それで、店は正午を外れていたにも関わらず客でいっぱいだったので
ひょっとして回転をよくするために温いのを出してるのかな?っと
思ったわけ。

だけども、よくよく考えたら・・・
長崎 豪華客船 20181114
↑原因はこれだと思い当たった。(↑ちゃんぽん屋5階から撮った豪華客船)

今まで何度も長崎でちゃんぽんを食べたけど
こんな温いちゃんぽんを出されたことが無かったわけで
きっと中国人(外国人)旅行客向けに
熱くない汁ものを出すようになったんだと思う(たぶん)。
熱いスープで火傷したら店を訴えるのも在りな外国人が
多数来るうちに、こんなに温くなったのだろうな。

ということで、旅行者にお薦めしたい。

錦糸玉子とか要らんもんが載っているとこは危ないので(ゑ)ちゃんぽんは「有名店じゃない、現地の人が行くような
小さなお店」で食べた方が良いと思う。


こんな店で食べて「長崎ちゃんぽんは不味い」って思って欲しくないもんね。




で、不味いものを口にするぐらいなら食べない方が良いという友人が
ほとんど食べられずに終わったので、移動することになり
長崎の中華街へ移動し・・・
長崎新地中華街
友人は角煮マンで口直ししていたけど、美味かったのかどうかは・・・。

ここも凄い人出で(修学旅行生が多かった)
カメラを向けたいとこは人だかりがしていて断念して↑こんなのしかない。


長崎 眼鏡橋
それにしても、長崎は世界遺産の指定を貰えてから栄えてるんだなぁ~っと
同じ北部Q州人として嬉しかった(←17年ぶりの長崎だった)。


でね、ホテルはココだったんだけど↓
長崎のホテル

@下部へと続く



公式HP セトレグラバーズハウス長崎←ここがさ、最高によかったわけ。

立地はグラバー園の真下の地獄坂と呼ばれる急な坂の途中にあって
車でも徒歩でも入るのは大変なんだけど
ホテルがこじんまりとした洋館風の綺麗な建物で
そんでもって(?)1階のラウンジでドリンクが飲み放題なわけ。

ドリンクっていってもジュースだけじゃなくて
生ビール・ワイン(赤・白)・焼酎(麦・芋) が飲み放題で(💕)
コーヒー・紅茶・オレンジ・グレープフルーツジュース・アップル・ウーロン茶も飲み放題。

1階で飲むもよし(←村上春樹を読みそうな人でラウンジはいっぱいだった。私は小脇に村上春樹を抱えて歩くような人種を・・・以下自粛)
部屋に持ち帰ってのむもよしで、2次会に行くことを考えたら
異様に安上がりで済む(呑兵衛ならば)宿ということになる。 
だけどね、ホテルのコンセプトが「日常を忘れる空間」?というような感じで部屋でWi-Fiは使えんワケ。
なのでビジネス客には向かんかなぁ~1階ラウンジではWi-Fiが使えるけどね。

で、この日の夜と翌日は@其の弐へと続く。




スポンサーサイト



| 雑記・写真絵日記 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/22-c4486570

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT