FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニャヲハタ工場稼働「金時豆の煮豆と長崎県産の落花生の話」編

20190815

@其の壱

甘い豆を食事中にはあんまり食べたくないんだけど
枝豆の産地が(朝倉・小郡・久留米方面)前回の
豪雨で甚大な被害を受けていて、福岡県産の枝豆が
市場から消えちゃっているのである。

ワシ的にはかなりの大事件で、買いに行っても
見つけられなかったりするのでそれで仕方なく
家にあった在庫の金時豆を炊いてみたんだけど・・・
これが意外にも美味くて(?)暑さで甘味も恋しかった模様。

で、どうやって作っているのかというと~

奇麗に洗った1袋(250g)の豆を1リットルの水に漬けて一晩置く。
(この水、捨てたらいかんよ~
アントシアニン?ポリフェノール?いっぱいやけん)

で、翌日煮るわけだけどコトコト炊くのが暑いので
圧力鍋で加熱。
(落し蓋を使って、圧がかかった時点ですぐ火を消して冷めるまで放置。
圧力鍋がなかったら柔らかくなるまで鍋で煮るか
魔法瓶で戻す)
鉄鍋 煮豆 金時豆

でね、豆が指で潰せる程度にやわらかくなったら
豆を取り出して鉄鍋に入れ、豆を茹でた水を
豆がかぶるくらいまで入れる。

ここに砂糖を入れて煮ていくんだけど(この時点ではまだ
若干だけど固めだから)砂糖はいっぺんに入れると
浸透圧の関係で、豆が柔らかくならないんだよね。

だから使う砂糖を4回ぐらいに分けて入れつつ10~15分煮る。

仕上げに小さじ2杯の薄口しょうゆと一つまみの塩を入れる。

塩を入れんかったら、どんなに砂糖を突っ込んで甘くしても
甘みがボケるけん。

砂糖はお好みだけど150g~250gぐらいかなぁ。

うちは完全なる保存食として作るので
水を多めに入れるからして、砂糖を200g入れる。

で、砂糖を入れ終わったら、またまた6時間~一晩ほど置いて出来上がり。

この出来上がったやつを(水分を切って)パットに広げて
ざっと乾かして、グラニュー糖をまぶせば金時豆の甘納豆でおやつになる。

我が家の場合、冷凍庫がいっぱいで
出来るなら常温保存したいわけで、それで汁を多めに炊いて・・・


瓶詰にして脱気処理して保存になる。




もしも、あればだけど鉄鍋を使うと豆の発色がよくなるけん。

アントシアニン(タンニン)色素と鉄とが反応して、色が濃く仕上がるよ。

鉄鍋って、煮込んだり、長時間置いたりすると鍋から鉄が
染み出るので(液が真っ黒になるくらい出る)
煮物に使うと体にいいわけ。

貧血や鉄不足によるウツ状態(?)の人におすすめ~。

一個も持ってないなら買ったがいいよ~日本製の鉄鍋を。

重たいけん、重過ぎて使えないってことになりかねんので
欲張って大きいのを買わんで18cm~22cm位のにしとくのがコツ。

アメリカ製だと、製法が違うから落としたら割れるのもあるけん~。



なんか今日は、標準語で考えられない日みたいでごめん(💦💦💦




@其の弐

大昔、長崎県は有名な落花生の産地だったわけ。

それがいつの間にか中国産に押されて市場から消えたのである。

(多分想像だけど
1972年の国交正常化以降、中国産に負けたんじゃなかろうかと)


砂地のようなところで作るので、当時焼酎ブームと重なって
サツマイモの需要が高まり、サツマイモに変えた農家も
多かったんじゃないかなぁ。

で、その長崎の落花生、記憶に残っているんだけどね
房に豆が3粒入っている3つ子が特徴だったわけ。

子供の頃から豆好きだったので、その三つ子の落花生を
鮮明に覚えていて、もしもまだあるのなら
一回食べてみたいなぁ~と思い続けてきたんだけど。

長崎県産 生落花生
長崎のお友達が!生の落花生を(大村で買ったって仰ってたっけ)
山ほど送ってくださったのである。

有難うございます(T_T)

で、生まれて初めて落花生を茹でた(爆。

この年になって
調理で生まれて初めての体験があるとはと驚いた(爆爆。

水から茹でて~沸騰して1時間ほど煮ただけで
そのまま鍋の中で冷まして出来上がり。

長崎県産 茹で落花生
実は茹でた初日に「ウマイウマイ」とガッツリ食べて
チッチキチーと一袋分くらいを完食。

㋠は長崎の落花生を食べた記憶がないと言っているので
早い段階で市場から消えたのかもしれないなぁ。

冷凍庫には、日本で生き残っている産地
「千葉県産の落花生」もあるので味を食べ比べるのも良いなぁ。

豆食べてビール飲んでいる時が一番幸せ。

豆好きだからって覚えていてくれて、わざわざ
送ってくれる長崎&千葉のお友達に感謝しつつ
戴いていますm(__)m



うー兄ちゃん

@其の参

20日の夜、いつもより遅くまで起きていて11時半前頃だったっけ?。

もう寝なきゃとベッドに行って電気をつけて悲鳴を上げた。

というのも、その日の夕方。

わざわざ食事の前に、毛だらけだった寝具を一新しており
ベッドパット、シーツ、タオルケット、ハーフケットを
奇麗なものに交換していたんだけど
その上に大量のゲロを
吐かれていたのである。

一回も寝ていないのにまた寝具交換・・・・・▄█▀█●

毎晩、わしんとこにきて寝ていたうー兄ちゃんも
ゲロ吐いて「シマッタ」という気持ちはあるのか
昨夜は寝に来なかった。

いつもなら
「兄ちゃんは悪くないよ、┣¨┣¨┣¨ヾ(゜Д゜ )ノ┣¨┣¨┣¨ ンマイ!!」と
声を掛けてやるとこだけど、昨夜はさすがに
声掛け出来んかったので悲しみは通じていたのかも。


スポンサーサイト



| 食&家庭菜園(ベランダ菜園) | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/236-fcbc2e82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT