FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ワニの町へ来たスパイ」ジャナ・デリオン著 読了


潜入任務でちょっぴり暴れすぎたせいで、一時潜伏を命じられた凄腕秘密工作員のわたしは、ルイジアナの川辺の町にやってきた。自分とは正反対のおしとやかな女性を演じるつもりが、到着するなり保安官助手に目をつけられ、住む家の裏で人骨を発見してしまう。そのうえ町を牛耳る地元婦人会の老婦人たちに焚きつけられ、ともに人骨事件の真相を追うはめに……。アメリカでは公認ファンクラブまである大人気ミステリ・シリーズ第一弾。



CIAの女性スパイ「フォーチュン」は中東での潜入任務中に
武器商人の弟をハイヒールのかかとで刺し殺し、その首に懸賞金がかけられてしまう。
で、ルイジアナの田舎町に潜むことになるんだけど
隠れ家の裏を流れる川で人骨を発見。
めでたく(?)事件に巻き込まれるというお話なんだけど
同志諸君、面白いけん、ワタクシの感想とか読まんで
黙って買って読みんしゃい(ゑ


雰囲気だけお伝えするとね、女性版リック・リオーダンというか
シャーロット・マクラウド(アリサ・クレイグ)風というか~
ジャネット・イヴァノヴィッチ「ステファニー・プラムシリーズ」から
お色気シーンを取っ払った感じ。(分かる?)

人物像形と情景描写だけに絞ってストーリーが展開する点に
大変好感を持った。

最近、コージーというと不思議と色恋が絡んで
かったるい物語が多いんだけど、この作家 無駄な場面が少なくて
読みやすいし、登場人物が魅力的なので続きが読みたくなる。

それとね、訳者さんが良いんだろうけど、文章が軽快で
読みやすかった。

最近は読者全員の読解力を甘く見て(?)いるのか
細切れに「、」点を打つ人が多くて閉口するんだけど
多すぎず少なすぎず、訳者 島村 浩子さんにも好感を持った。



ということで、ワタクシはアマゾンとオムニ7で2冊とも注文済。

12月30日着なので、それまではこれ↓を読むつもり。


皆様、務台夏子訳でございますよ。

正月まで取っておく予定だったけど、ワニ町シリーズの続編を読むことになったので先にとっかかるよ。

同志諸君よ、続報を待て(←エラソーw。
スポンサーサイト



| 本と洋画と海外ドラマ | 17:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も!私も!!

ミランダを🐶す(←こんなの書くとブロックされるかしら
・・・されましたので一部変更)

がなかなか良かったので、ケイトもポチ。
なんかのくじで当たったクーポンがあったので
フォーチュンもポチポチポチ
さらに、河岸でお勧めされた 償いのなんとかもポチ

年末はいろいろ忙しいけど
お正月はこれで決まり。晴走雨読で参ります。
皆さまも良いお年を

| 怪しい火星人 | 2019/12/27 08:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/315-c2ad48da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT