FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

疲れた大人にお薦めの作家(児童書)リチャード・ペック、遺作「ベストマン」

リチャード・ペックを知ったのはもう何年も前になるんだけど

↑これを読んでもう度肝を抜かれて~(児童書だと思って舐めてた)
ま、考えてみればさ、理解力の低い(?)子供に読ませる本なわけだから、出来が良くないと売れるわけないわけよね。

ニューベリー賞オナー受賞し、全米図書賞次席を獲るような作家なわけだから(世界中で売れる)上手いのは当たり前なんだけど、こんなに心躍る小説は滅多にないぞってくらい面白かったわけ。

大柄なうえに型破りな性格。そんなおばあちゃんを訪ねたあの夏、死ぬほどつまらないと思っていた田舎町で生まれてはじめて死体を見ようとは!わたしたち兄妹はシカゴの都会っ子で祖母の豪胆ぶりに、すっかり怯えた。それでも来年になると、また列車に乗りこむ。「おばあちゃんは、わたしたちのいいお手本とは言えないと思うんだけど」なにが起こるかわからないから、おもしろい。銃はぶっぱなす、大ボラはふく、法は無視する、牛乳瓶にネズミをいれる…毎年毎年、いったいなんのために?ニューベリー賞次席、全米図書賞児童書部門最終候補となった、感動のベストセラー



で、このシリーズは3作あって・・・

↑kindle版はあるけども~紙の本はオール絶版なので図書館に行ってください(爆。

小説を読みたいけど、重い作品を読みたくない時ってあるよね?。例えばコロナで家に閉じこもっている時とか。そんな時お薦め。

親子で本気で楽しめる作品だし、コージー作品が好きな人にもお薦め~。

で、なんでこんなことを書いているのかというと・・・



【編集担当からのおすすめ情報】
アメリカの巨匠リチャード・ペックの遺作となった作品。
痛快で、ちょっとしんみりさせられる読みごたえのある物語。




遺作って・・・・・▄█▀█●

リチャードペックの訃報を伝える記事
スポンサーサイト



| 本と洋画と海外ドラマ | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/390-7b2bbdca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT