FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5月17~19日までの夕食と、ホークスへの愚痴と

20200517
17日は残り物清掃の日だったようで、八宝菜の残り物、鴨串の残り物、お好み焼きの残り物。


20200517
クレソンとレタスのサラダ、ベーコンのカリカリ乗せ。


20200517
蒲鉾と・・・


20200517
冷ややっことほうれん草の胡麻和え。




20200518
18日 中華風肉炒め。

肉に醤油、酒を揉みこんで、そこに片栗粉をまぶし、味付けに塩コショウ+オイスターソースと醤油少々。

で、うちにしては味付けがしっかり目なのは・・・


20200518
レタスに巻いて食べたから。



20200518
カボチャとクレソンの葉っぱ。




20200519
19日 カツオのたたき。


20200519
クレソン等の生野菜(ベランダ産)



20200519
ジャガイモのグラタン(焼き色が変なのはチェダーチーズを混ぜているから)






@其の壱は捕手

ホークスが勝ち始めたのは甲斐君を捕手から外し、九鬼君や高谷君がスタメンに着いたから、だと思っているんだけど・・・またもや甲斐君がスタメンに着き始め、暗雲が漂った昨夜だったんだけど。

兎に角、インコースを攻めないんだよね。

インコースを要求しても、攻めが甘いから打者は恐れない。

きついとこに投げてくる可能性は無いと舐められているから、踏み込まれて打たれる。

外角に逃げたつもりの球が、踏み込んで打たれるもんだから打者からするとヒットゾーンになる→長打という図式。

そんでもって、外角に逃げる球を捕まえられるから、投げる球が無くなって
投げた瞬間にボールと分かる球を挟んでカウントを悪くする。

フォアボール連発→満塁→長打→投手交代→経験のない若手が満塁の場面に出され長打を浴び→投手交代~の繰り返し。

もうほんと、どげんかならんと?甲斐君のリード。

甲斐君は肩が良いとかいうけど、投手が良くて打たれんかったなら盗塁阻止する必要もないのに。

そんでもって、盗塁阻止するために配給まで変わり
ストレートが多くなるから余計、狙い撃ちされるんよね。

だいたいね、デッドボールば怖がり過ぎ。フォアボールもデッドボールも一緒やん。松坂のえいくそのデッドボールば見習おうや。

デッドボールなら、当てられてないほかの打者まで怖がって踏み込めんよ。

だれかさ、教えられる人は居らんの?。







@其の弐はバレンティン

福岡へ来て低迷を続けているバレンティンだけど、まずパワーボールで押してくるパリーグの投手に慣れてないんだよね。

そんでもって彼は「来た球を無心で打つ」なんていうタイプじゃなくて、決め球を絞り読んで全力で振るタイプだからして、読めない投手が続く限り打率が上向くことはないんじゃないかと思っている。

そして、今までヤクルト時代の彼の前には山田哲人がいた。山田が台頭する前は青木がいた。

要するに頭の良い打者の後ろを打ち続けてきたわけ。

青木も山田も、走って良い場面と走らずに投手に圧力を掛け続ける場面とを見分けられていた。もちろんこの二人は打率も圧倒的にいいので、だからこそ、投手はバレンティンと勝負してくれていて、打てていたわけだけど。

いま、ホークスの3番は柳田で固定。

バレンティンに打順が回ってきたときには、走者一掃って事もある。

走者が残っていたとしても、走っちゃいかん場面で我が勝手に走る上林や栗原にイライラさせられ(この二人は走る振りして投手に圧力を掛けるなんてことは一切ない。盗塁成功を目指して飛び出すだけ)
バレンティンは集中できないままバットを振り回すことになり、7月16日現在の打率は.205

彼こそ、いったんベンチに座って試合の流れを見るか、または2軍で再調整するべきなんじゃないかなぁ。

第一ね、全力疾走出来ない選手は1軍で使わないと明言し続けてきた工藤野球に反する選手よ。

1塁手前で失速するような野手を見たくない。





で、昨日7月16日の試合なんだけど9回、1死二塁から栗原が適時打で1点差に詰め寄った。

あと1点で同点。

ところが・・・なーーんも考えずに盗塁を仕掛けた栗原が2塁でタッチアウトで(←ココで2死)走者ゼロ・・・。もちろん負けた。

勝ち負けがあるのが野球だから、負けも仕方ないのは分かってるけど、内容のない負けに腹ん立つんよね。
スポンサーサイト



| 食&家庭菜園(ベランダ菜園) | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/420-6ed379c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT