FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福岡市動物園から熊本市動物園へ転出するビントロングと、お誕生日のマレーバクと、ツキノワグマのエンリッチメントと

15日から悪態を吐き続け、受けた仕打ちを思い出して
また悪態を吐くという不毛な精神状態が続いていたので
19日午後からモングリマングリして
(↑博多弁で、万障繰り合わせてという意味)・・・
ライオン 福岡市動物園 チャチャ丸君
@其の壱は猛獣で、まずはライオンのチャチャ丸君@福岡市動物園

珍しく毛繕いしてた。

私は動物園に入るときに西門から入るので
(山にある園の頂上にある入り口なので(カバ舎の横)
下り坂でアジアゾーンを廻れる)
カバ、ツシマジカ、コウノトリ等・鳥類等の猛禽類から
観察が始まるんだけど、写真を撮るのはチャチャ丸君からってのが多い。

この日はワオワオと咆哮を続けていて・・・

寝室にいるネネさん♀と共鳴していた。



アムールトラ カイ君 福岡市動物園
チャチャ丸君の隣にはアムールトラのカイ君が居るんだけど・・・



アムールトラ カイ君 福岡市動物園
チャチャ丸君のガオガオには全く動じず、水を飲む余裕。

で、いつもならここに20分は座っているんだけど
この日は目的があったので坂を下りつつ・・・

福岡市動物園のヒョウ サナちゃん
豹のサナちゃんや(1歳)


福岡市動物園のヒョウ ルナたん ママ
産後太りから脱していないルナたんを撮りつつ・・・




@其の弐はビントロング

ビントロング チビントロングのブーン君 福岡市動物園
ビントロング舎に行ったんだけど



ビントロング チビントロングのブーン君 福岡市動物園
主役は朝から一歩も動かず天井付近の死角にいた。
(↑朝から来てる人に聞いた)


IMGP7965_R.jpg
で、午後になれば日の当たる箇所も増えるので動くんじゃないかと

IMGP7964_R.jpg
園をグルグル回りつつ・・・



IMGP7963_R.jpg
ココに3回行ったんだけど↑この状態のままだった(💦

なんかさ、担当さんが忙しいのも分かるけどもさ。

ブーン君とのお別れに、何人もの常連さんが来ていたのだからして
(普段、平日に見ない常連さんまでいた)
最後の最後の日ぐらい、目前で見られるように
おやつタイムしてくれても良いんじゃないの?っと思った。

この子、半年以上も(8か月だっけ?)名前も付けてもらえず
何かのついでみたいな命名式の末「ブーン」と
名付けられたわけだけど・・・
移動になってよかったのかもと思えた最終日。


で、↑の写真じゃよくわからないだろうから暖かい時に
撮った写真をば。

ビントロング チビントロングのブーン君 福岡市動物園
ビントロングはお猿さんのように壁を這ったりできるんだけど・・・



ビントロング チビントロングのブーン君 福岡市動物園
天井をぶら下がったまま移動出来たり・・・



ビントロング チビントロングのブーン君 福岡市動物園
ぶら下がってみたり・・・




ビントロング チビントロングのブーン君 福岡市動物園
木をするすると昇り降りして見せたり、本来は
見ていて楽しい種なのである。

だからして、温かいとこに(温室とか)にいられるといいんだろうなぁ。







福岡市動物園のマレーバク ユメコちゃん お誕生日 12月19日
@其の参 福岡市動物園のマレーバクのユメコちゃん

♀では日本一のご長寿マレーバクで、お誕生日は12月19日なわけ。

だけど昨日は平日だったからか12月だからかおたんじょう会は無し。

マレーバクはわりとイベントが多いんだけど~
平日に無いのは仕方ないので、一人でお祝いに行った次第。



ユメコちゃんも寒さで寝室に入りっぱなしだったので・・・
2017年4月27日、世界規模でのバクの日に行われた
イベントの時のパチリをば・・・
4月27日、世界規模でのバクの日撮影 マレーバク ユメコちゃん
福岡市動物園のマレーバクは皆大人しく
人にブラッシングされるのが大好きなので
(驚かせない限り起き上がらない)

4月27日、世界規模でのバクの日撮影 マレーバク ユメコちゃん
こうやってデッキブラシでゴシゴシさせてもらえるのである。
(イベント時のみ)

4月27日、世界規模でのバクの日撮影 マレーバク ユメコちゃん
お触りもOK。

足の裏は乾燥に弱くてひび割れるそうで
冬場はワセリン?クリームを塗ってお手入れされるんだそう。

4月27日、世界規模でのバクの日撮影 マレーバク ユメコちゃん
アンヨがドロドロなのわかる?。

とはいえ、マレーバクの放飼場は泥だらけで
マレーバクもどろどろだったりするので、大人のひとで
ブラッシングタイムに参加したがる人はそうはいない。
(靴が汚れるので)
4月27日、世界規模でのバクの日撮影 マレーバク ジュリさん
オマケでジュリ♂ 1988.5.31

国内で飼育されているマレーバクの中で最高齢で、ユメちゃんが2番目。

飼育下にあるマレーバクの繁殖は難しいんだそうで
発情しても交尾をしなかったり、交尾が成功したとしても
繁殖しなかったりと課題がいっぱいで難しいらしい。

その上、日本にいるマレーバクの血の偏りもあって
(創始個体の繁殖力が良かったという事?)
ペアリングも難しいらしい。

で、交尾させるタイミングを見極めるのも難しいんだそうで
♀のホルモンを測定するにもお金がいるということで
もっともっと増やすためのお金が必要な種なのである。

野生下の個体が1500とか2000とかそれぐらいしかいないので
(棲み処がジャングルなので正確な個体数の把握も難しいそうな)
ジャイアントパンダよりもずっとずっと危急種なんだけど
人気がない動物には陽が当たらないよね。




@其の肆はツキノワグマ
ツキノワグマ ゲンキ君 福岡市動物園 2016年
ゲンキくん@2016年末に撮影。

全身が写っていないので分かり難いかもしれないけど
大きな子だったのである。

ツキノワグマってこんなに大きいんだ。これに街で遭遇するのなら
そりゃ怖かろうなぁッと思っていたんだけど
他所の動物園に行って初めてゲンキ君が大き過ぎることを知った(爆。

この場所は昭和の私が子供の頃からそのままの獣舎で
狭くて見るのも可哀そうなくらいだったんだけど
今年の初夏にツキノワグマの2頭が旧ゴリラ舎へと移動し・・・

ツキノワグマ ゲンキ君 福岡市動物園
旧獣舎にいた頃とは比べられないくらい痩せていて・・・



ツキノワグマ ゲンキ君 福岡市動物園
パチリに気付かれちゃった。

ゲンキ君は子供の頃に保護されてるので人馴れしていて
カメラを見ると真下に来ちゃうので、最初が肝心なのである。


ツキノワグマ ゲンキ君 福岡市動物園
今でも充分に大きいんだろうけど・・・


ツキノワグマ ゲンキ君 福岡市動物園
2016年2017年と比べたら健康そうだし、なにより楽しそう。

で、お隣の放飼場には♀のハナコちゃんがいるわけだけど・・・
ツキノワグマ ハナコちゃん 福岡市動物園
↑これはダイエット開始頃 9月の写真。

ツキノワグマ ハナコちゃん 福岡市動物園
9月に比べたら腹回りがだいぶ軽くなっているように見えたよ。

その彼女が、なんか細長いものを持ってムシャムシャしていたわけ。

彼女は後ろ脚に故障があって長いことバックヤードだけで
暮らしていたので、まるまると肥え太っていて
ここに移ってからダイエットしつつリハビリしているんだよね。

なので、最初、ハナコちゃんが落ちた木片を齧って
食べて飢えを誤魔化しているのかに見えて
「ダイエットって大変だよね」と思ってたんだけど

齧っていたのは消防のホースで、中には
リンゴやみかん等のフルーツが仕込まれていた。

ココに移ってから常動が気になっていたんだけど
(動けることが有り難い事なんだけど)
飼育員さんも工夫して下さっているんだなと嬉しくなった。

中の人、有難う。

ツキノワグマ ハナコちゃん 福岡市動物園 放飼場
ここ、動物園のエース格のゴリラがいたとこなので
広いし、緑もいっぱいなのである。




@其の伍

福岡市動物園 ボルネオオランウータン ♂ミミ
環境エンリッチメントといえば~
エントランスのリニューアルオープンに合わせて
ボルネオオランウータン ♂ミミさんのとこに設置されていた
消防ホースで編んだハンモックに
ミミさんが入ってるとこをはじめて見た。

いままでずっと床にべろーーんとうつ伏せて寝ていたので
随分と温かくなっただろうなと思った。(上にヒーターがあるので)

これまた、中の人有難うございます。





@其の陸

リニューアルされたレストランの悪態を吐きたいけど(ゑゑゑ)
悪態を吐く自分が嫌で動物園に行ったのだからして
今日は自粛して終わる。

長々、失礼。最後までお付き合いくださった方ありがとう。
スポンサーサイト



| 雑記・写真絵日記 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/44-ab18d56b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT