FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

工場長が幽霊になって手伝った夏みかんマーマレードの作成風景と猫漫画と

今日も異様に長くなったので(←ストレスが溜まっている証拠)
猫漫画だけ期待されてお越しの方は最下部へどうぞ。


ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
完全無農薬の夏ミカンである。

たまに「真冬に穫れるのに夏蜜柑?」って言われるけども
蜜柑の花ってのはGWごろに咲いて、結実して大きくなって
今頃には黄色に実っているわけ。

で、いま収穫してすぐだとすっぱくて食べられないので
木に実らせたままか、または収穫して冷蔵で2か月ほど保存して
追熟させたものが市場に出回るので、売ってるのをみるのは
初夏になるわけ。

うちの場合は
夏みかんの木
親戚の家に大木があって、これを収穫してくるので
時季外れに手に入るわけ。

で、これが大変なんだけど(今回は1回の作業で12個)
ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
みかんの皮を剥くんだけど、内側の白いわたは苦くて食べられないので・・・




ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
包丁で削ぐようにしてワタを削り取り、それから刻むわけ。


ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
で、刻んだ皮は何度も何度も水に晒し・・・
(何度も水を換えながら24時間~36時間くらい水に浸ける)

↑この濁った水が濁らなくなってきたら…




ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
茹でて、茹でこぼしてまた茹でてを繰り返し
苦みが全く感じられない+柔らかくなったら・・・
(↑しっかり抜いておいても実際に出来上がった時は
ほのかに苦みのあるマーマレードになる)

ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
しっかり絞って、袋から剥いた身と合わせ・・・



ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
砂糖を足しつつ煮詰めていく。


で、糖度60~65%の糖とPH3.5近辺の酸という一定の割合の中で
ゼリー化する(ジャムになる)ので
そろそろ粘稠が始まったかなという頃に
瓶を横の鍋で煮沸消毒し・・・

ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
瓶詰めした後に、至って原始的な方法で脱気処理。




ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
出来上がったのは特大~小サイズまで24本。

作業開始から二日半は掛かっている。
ニャヲハタジャム ラベル

最後にラベルを貼って終了。


自分のためにメモっておくと夏みかん12個で皮837g
剥き身が2274g。

夏蜜柑マーマレードの色はこんな感じ↓
ニャヲハタジャム マーマレード 夏みかん
皮の苦みを抜く工程がエライコッチャってくらい大変なので
売り物のマーマレードジャムには皮はほとんど存在しないけど
うちのは皮だらけで、オレンジピール入りみたいな量なわけ。


で、夏みかんがあと12個もあるんだけど~小瓶が残り少ないので
後の12個は特大瓶に詰めることになりそうな予感。




@其の弐

ささっ君
ジャムを作っている作業中・・・



ささっ君
食卓の下の椅子の脚の間を通り抜ける・・・




ささっ君
猫の脚が見えたけど・・・




ささっ君
実際には誰も通っていないってことが2回あった。

その日は、生きている猫が2匹とも和室に近寄らず
いつもの場所を避けて過ごしていて
「やっぱり帰って来てたね」って
遺骨に話しかけている私は病んでいるんだろうか。





@其の弐

スポンサーサイト



| 保存食作り隊 | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/46-9438959a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT