fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9月17、18日の夕食と週末が暇な話と映画数本の話と

20210917
9月17日 野球がない日は大人し目に鮭の塩焼き、玉子豆腐。

20210917
大根の煮物。




20210917
9月18日 台風通過による雨で(仙台での試合だった)朝9時15分には中止が決定したのでやる気なしになって→なんちゃってナポリタン。
ケチャップを使うと甘いので、トマトソースを使った。ピーマンはベランダ産。



20210917 ぶどう シャインマスカット
戴きもののブドウさん。

いつでも食べたい時に食べたい人が食べられるように、こうやってコップに詰めて冷蔵室に並んでいる。

いちいち食べる分だけ洗うの面倒だから、この方法。




うー兄ちゃん
@其の壱

うー兄ちゃんはゲロをよくやる猫で、それは拾った当初からだったわけ。

餌を食べてる時や食べた直後に吐くときもあれば、水ゲロのときもあるし(←猫の毛が混じっている)とにかくよく吐いて(またたびにアレルギーがあったのでフードに混じっていたりするとよく吐いた)その度に洗濯物が山ほど出た。

雑巾も在庫が50枚ほどあって、使った雑巾は籠に溜めて週末に纏めて洗濯機で洗ってた。

飼い主が2人とも猫アレルギーなので、抜け毛対策で週一で猫の寝具を全部丸洗いしていたのもあって、毎週末はどこにも出かけられないぐらい洗濯物が多かったんだけど~いま、きなみちゃんだけになって洗濯物が激減。

雑巾なんて週に5~6枚使えばいいほうで、50枚もの在庫は要らない状態。

外の物干し竿がいつだって空いているなんて、そうだなぁ。17年ぶり?になるのか。

ということで週末が暇で、スカート1枚と、猫服を6枚縫ったんだっけか。

あ!週末が暇なのにはもう一つ理由があって・・・Uberちゃんの味を占めてしまったのもある。

私は化学調味料にアレルギーがあっておなかを壊す+膨満感で死にそうになる+ひどい時は蕁麻疹・胸やけで寝込みそうになるので、市販のお弁当類や中華料理なんかは鬼門なんだけど、Uberでケンタッキーとスシローを注文できるんだよね。
(カレーやフライドチキン等のスパイスは平気)

私が食べても無事でいられるケンタと寿司がわざわざ買いに行かないでも手に入るというので、つい「ね、デーゲームやけん、今日はケンタばデリバリーして昼のみしようか?」ってな事になって、最近 週末に料理をサボってるわけ。

カロリー的な問題もあるので、そろそろ軌道修正せねばとも思うけど、どうせ野球もあと25試合?だから~シーズン終了まではこんな感じで進むと思う。



@其の弐は映画


原題「Lawless」

あらすじは~1930年代、禁酒法時代の東部バージニアの小さな村で(町で?)住民はこぞって密造酒を醸造し荒稼ぎをしていた。
でその町に新しい取締官のレイクスが着任し、密造で荒稼ぎしている住民に多額の賄賂を要求するんだけどそれを主人公の3兄弟(シャイア・ラブーフ・トム・ハーディ・ジェイソン・クラーク)が決然と拒否したことから酒を造る側と取り締まる悪徳取締官との戦いが・・・というような感じ。
ジェシカ・チャステインが好きで観たんだけどトム・ハーディ+ジェイソン・クラークも出ていて大満足。でね、こういう物語にしてはオチが気持ちよくて(?)ある意味、ハッピーエンドで終わるんだよね。




「the tomorrow war」
あらすじは・・・2051年からタイムトラベルでやって来た人が「30年後に人類はエイリアンと戦争をするんだけど、敗れて人類は滅亡する」っていうわけ。で、現代の兵を未来に送って戦いに参加せよ っていうわけよ。それで主人公は幼い娘の未来のために未来へ・・・という物語。Amazonオリジナル作品。

普段、SF等を殆ど見ないので映像の凄さ、リアルさに隔世の感を感じつつ観たんだけど~まぁ、面白かった。





原題「Knives Out」

チッチキチーがダニエル・クレイグが好きなので観たんだけど~えっとね、フーダニットが主題の映画で雰囲気だけはあるけど、特筆してのコメントはなし(えええ。

他に クリス・エヴァンス, アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス, マイケル・シャノン, ドン・ジョンソン, トニ・コレット, クリストファー・プラマー




「The Revenant」

監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥさん。最近、ハリウッドで人気の監督さんで白人の人って少ないよね。彼の監督作品では21グラムが衝撃的だった。


話が飛んだけど「レヴェナント」は公開当時から観たいと思いつつ、これほど映画界に貢献した人がこんな映画でアカデミー賞を獲るなんてという気の毒さ?で観ることができなかった映画をやっと観た。

物語はというと~1800年代。極寒の山の中で(アパラチア山脈???)ディカプリオ演じる主人公と息子は毛皮ハンターの白人たちの道案内をしているわけ(息子は先住民との混血)。
で、先住民の襲撃を受け、一団は山の中を逃げ惑うんだけど、ディカプリオがくまちゃんに襲われ瀕死に。で、あと数日で死ぬだろうと一団に置いて行かれ見張りが2人残るんだけど、その見張りのうちの一人トム・ハーディーにディカプリオの息子が殺され~という感じ。





ディカプリオが子役で登場したギルバートグレイプだったっけ?↓

映画館で観て(ミニシアター系だった。KBCシネマで観たんだっけか)それからずっと気になる役者さんだったのに、彼の演技力は評されないまま甘いマスクの評判・評価だけが?先走りして、なんか気の毒な役者さんだなとずっと思っている。

童顔なのも、損している一因なのかなぁ。
スポンサーサイト



| 食&家庭菜園(ベランダ菜園) | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://nekokimadara.blog.fc2.com/tb.php/730-ee43fc32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT